低価格で家を購入するなら、分譲住宅と中古住宅のどちらがおすすめ?

家を購入するにあたって、最近は価格を抑えながらも快適な暮らしを送れる分譲住宅や中古住宅が人気です。どちらもグレードの高い家を、相場より低価格で買えるというメリットがあります。

しかし、それぞれ異なる種類の住宅となりますので特徴も異なります。まずは、分譲住宅と中古住宅、それぞれの特徴についてご紹介します。

分譲住宅の特徴

分譲住宅は、1つの土地を分割したうちの1エリアに建てられた住宅を指します。大きな特徴は、新築ながら価格が安いということ。その理由は、同じ土地内に、同じ建物を複数まとめて建てるという建築方法にあります。普通の住宅に比べてまとめて資材を購入できること、資材の搬入にかかる費用や、それに伴う人件費を抑えられることから、その分が価格に反映されて、低価格が実現します。

中古住宅の特徴

中古住宅は、建築から1年以上が経過している住宅、またはすでに一度以上、人が住んだことのある住宅を指します。中にはほぼ新築と同じ状態の住宅もあるので、とにかく安く家を買いたいという方は、中古住宅を選ぶことが多いようです。ただし、価格は住宅の状態で大きく上下します。新築同様の中古住宅は価格も新築と同程度の場合が多く、価格を抑えたい場合、メンテナンスを前提として購入する住宅を選ぶことになります。

トータルの価格を抑えるなら、分譲住宅がおすすめ

分譲住宅イメージ
価格自体は、どちらも相場より安くなりますが、中古住宅は前提として、メンテナンスが必要となることが多いです。メンテナンスの費用も含めたトータルの価格を考えると、分譲住宅のほうがお得に購入できるので、価格を考慮して家を買いたいという家庭におすすめです。

価格とは別の面になりますが、購入する前に内覧ができるのも、分譲住宅の大きなメリット。中古住宅の場合、購入の時点ではまだ人が住んでいる可能性があるので、必ず内覧ができるとは限りません。実際に家の中を見たら思ったより部屋が狭かった、住んでみたら生活しづらかった…などという問題が起こることも。購入してから後悔しないという点からもおすすめします。

暮らしやすくてオシャレ。分譲住宅の魅力をさらにご紹介

相場よりも抑えた価格で購入できる分譲住宅。先ほどもご紹介した通り、低価格が実現するのは資材の搬入費や人件費を抑えているから。設備のグレードを下げているわけではないので、暮らしやすさは変わりません。

最近は、デザインにこだわった分譲住宅もたくさん販売されています。例えば、株式会社フレア(flare-inc.jp)が販売している福井の分譲住宅は、北欧を意識したクロスやインテリアを取り入れた北欧テイストのデザイン、畳スペースやウォークインクローゼットを取り入れたシンプルナチュラルなデザイン、モノクロを基調としたモダンシックなデザインなど、様々なデザインがあります。

これから家を買う予定がある方は、低価格で暮らしやすく、オシャレな家が手に入る分譲住宅の購入を検討してはいかがでしょうか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL