RC住宅の構造について

RC造と聞いてもピンとこない人もいますが、鉄筋とコンクリートを用いたもので、その工法で建てられた住宅を一般的にRC住宅と呼んでいます。その構造的な強さは知られているところですが、耐久性と耐震性に対しては他の工法を上回る強さがあります。また、木造建築や他の工法などと比べて耐火性も優れているので、火災に対してとても強い建物となっています。さらにRC住宅は、間取りの設計に制約を受けることが少ないという特徴があります。それに対して木造は、強度的な問題で柱の位置がある程度決まってしまうので、考えられる間取りも少なくなってしまうのです。鉄骨造も木造の柱よりは強度がありますがやはり限界があります。RC住宅では壁を柱にするような感じになり、その構造的な特徴から、複数のプランの間取りが可能となるのです。ですが、その重量は他の工法に対してとても重いものとなり、地盤や基礎といったものは強固な設計が求められるので、他の工法よりも建築費が割高になることもあります。また、工期も他の工法と比べると長い期間を要してしまということもあります。今日ではRC住宅にもいろいろな種類があり、家の建て方の選択肢も広がっています。そのRC住宅に自分の望む空間とライフスタイルを照らし合わせて、適したものを選ぶことが可能となっているのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL